支払い方法

ペイパルに登録したお支払い情報はペイパルが保護。支払い時にもカード情報や銀行口座情報はお店側に伝わらないので安心です。

オンライン決済サービス「PayPal(ペイパル)」とは?特徴や使い方、使えるお店を紹介!

決済手段としてキャッシュレス化の動きが進められています。
経済産業省によれば、キャッシュレス化を進めることで実店舗などの無人・省力化、不透明な現金資産の可視化が促進され、消費者側にも利便性の向上や消費の活性化などのメリットがあると考えているようです。

キャッシュレス化の手段としてクレジットカード払いが主流でしたが、近年プラスチックカードによらない決済法、スマホ決済に注目が集められています。

スマホ決済は画面上で支出管理が可能で、上手く活用すればクレジットカードからのチャージでポイントの2重取りもできます。

また、店舗側にもクレジットカードより低コストで導入することができる

 

PayPal(ペイパル)とはアメリカの電子決済会社PayPal(ペイパル)が提供するオンライン決済サービスで、1998年12月に設立されました。2002年に世界最多の利用者数で有名なオークションサイト「eBay」に買収され子会社となりましたが、2015年7月に独立。

2018年12月現在、200を超える国や地域で使われており、100超の通貨による決済に対応。利用者数は2億5000万人以上と言われています。

セキュリティにも評判が高く、ベリサインによる最高のセキュリティが保障されたオンライン環境で、支払先にクレジットカード番号を教えることなく、安全かつ迅速にクレジットカードからの支払ができます。

PayPalは世界1800万以上の店舗で利用することができます。

PayPal(ペイパル)を利用するメリット

PayPalはクレジットカードの情報を店舗側に伝えなくても利用することができます。クレジットカード決済するときCVC/CVVコード(セキュリティーコード)を登録しますが、PayPalはアカウントにあらかじめ情報を登録するので、その都度入力する必要がありません。

クレジットカード情報もPayPalで管理しているため、店舗側に情報が漏れず安心して利用することができます。インターネットで決済するとき、クレジット情報をサイトに登録しますが、PayPalを導入しているとろこなら情報を伝えずに決済できます。

また、PayPalではトラブルから守る「売り手保護制度」が設けられており、売り手に問題があった場合、適用条件を満たせば返金されることもあります。問い合わせに関しても、メールだけでなく電話からも年中無休で受け付けています。

利用できる店舗も多く世界1800万店舗で使うことができます。最近(2018年12月12日発表)では航空会社ANAでも利用可能になりました。

Copyright © 2021 March Rabbit. All Rights Reserved.